イベント | 医療法人昌生会|出口病院・デイケア・でぐちクリニック
メニュー

イベント



アイコン

デイケアゆうとの採用情報を公開しました。

職種は、

です。詳しくは採用情報または職種をクリックしてご覧ください。


アイコン

デイケアゆうばの採用情報を公開しました。

職種は、

です。

詳しくは採用情報または職種をクリックしてご覧ください。


アイコン

以前、認知症治療病棟へ行ったときは、患者さんに少しでも春を感じてもらおうと

桜の花びらが壁に飾られていましたが、今日行ってみるとこいのぼりが元気に泳いでいました🐟

こいのぼりの他にも、立派な五月人形が♬

外出が制限されている今だからこそ、患者さんに少しでも季節を感じてもらえたら嬉しいです😊

 

そして、つい先日紹介した薬局のてつこさんがまた新作を着ていました♬

水玉がとってもかわいらしいですね✨一気に夏が来た感じです🌞

 

そしてそして!!建設途中だったツバメの巣が完成して、もう住んでいました🏠

3匹がわちゃわちゃと飛び回っていて、三角関係なんでしょうか(笑)?

ひっそりと見守っていきたいと思います😊

 

長崎県下ではクラスターが発生するなど、感染者が急増しています。

ゴールデンウィーク期間中を集中警戒期間と位置づけ、人と人との接触機会を減らすための緊急対策が講じられています。
なかなか外出することが難しい連休になりますが、体調を万全に三密を避けて過ごしましょう!


アイコン

先日、第2回施設内研究発表会が行われました。

「A病棟認知症治療病棟における看護・介護職の腰痛実態調査」

「重度認知症デイケアの玄関スペースが利用者にもたらす効果」

についてです。

最初の発表は「A病棟認知症治療病棟における看護・介護職の腰痛実態調査」についてです。

目的は、認知症治療病棟に勤務する看護・介護職者に対して、ケアを行う際の腰痛の実態把握と介護腰痛予防の必要性の検討です。

腰痛を生じている人は7割以上という回答結果で、ケア別にみると排泄介助が最も多く次いで移乗介助、入浴介助と続き高い割合を占めていました。

また、今回身体的負担の少ない‟コミュニケーション技術”でも15%が腰痛を生じているということでした。

コミュニケーション技術でもストレスにより腰痛を生じている結果が見えたことはとても驚きました。

腰痛は介護・看護職にとって切っても切れないものであり、職員にとって最も身近な議題だと思います。

今後、腰痛予防への取り組みが必要になってくると感じました。

 

次に「重度認知症デイケアの玄関スペースが利用者にもたらす効果」の発表です。

目的は、デイケア利用中に玄関スペースで過ごす利用者がおり、利用者は何を目的に玄関スペースで過ごすのか、玄関スペースが利用者にもたらす効果についての考察です。

集計の結果、玄関スペースに来た利用者は25名。来た理由で最も多かったのは「休憩・午睡」、次いで「バス・車待ち」「帰りたい」「職員と話したい」「外に出たい」「外を眺めに」の順でした。

その他にも滞在時間や活動参加状況、病名別、男女比、認知機能検査結果・MMSEの結果別で細かく集計されていました。

玄関スペースがもたらす効果や対応が、個別プログラムの一つであると看護職員間で共通理解でき、

今後は多職種とも共有し、よりよい環境作りやチーム医療につなげていきたい、と話がありました。

実際に私もデイケアを訪れた際よく目にする光景で、この行動にどういう効果が得られるのかという視点で考察されたことがすごいなと感じました。

利用者さんにとってよりよい環境にしていくためにはどうしたらよいか。という想いが伝わってきて、とても勉強になりました。

 

(事務所:中嶋)


アイコン
以前紹介していました、薬局の看板娘てつこさん♪
春の新作を着ていたのでご紹介です😊
水色のマスクに水色の白衣♬胸元のワンポイントもキマってます✨
トレンドの水色を取り入れるなんておしゃれなてつこさんでした♬
長崎県下ではクラスターが発生するなど、感染者が急増しています。
特に長崎市では感染経路不明の事例が増加するなど、市中への感染拡大の兆候が見られる状況であり、
ゴールデンウィーク期間中を集中警戒期間と位置づけ、人と人との接触機会を減らすための緊急対策を講じます。
と、発表がありました。
まだまだ我慢の状況が続きますが、しっかりと感染対策をして体調も万全に過ごしましょう。

アイコン

新病棟建設も順調に進んでおり、建物の外観がはっきりと分かるようになりました。

その工事現場で周りを囲んでいる白い壁面に看板を設置しました。

ゆうば側に近い歩道には、「認知症施策促進大綱」「認知症とともに生きる希望宣言」について。

 

柿泊運動公園側の歩道には、完成予想図とQRコードを設置しました。

近くを通る際は是非ご覧ください😊

 

設置後すぐに患者さんたちがウォーキングで通りかかり、

「かわいいイラストやね~」「きれいにできとるね~」と声をかけてくれました♬

イラストはゆうば職員が作成いたしました♪

出口病院の新棟完成は2021年末を予定しています。


アイコン

つばめ

最近、病院付近を飛んでいるつばめの姿を見かけていましたが・・・
昨年巣立ったつばめが戻ってきてくれたようです♬
職員が巣を作りやすいように土台を設置していたのですが、
その土台には目もくれず、全然違うところに巣を作り始めました(笑)
どんなお家ができるのか楽しみです😊
こちらでもその様子をご報告出来たらと思います♪

アイコン

今月に入り長崎県内で新型コロナウィルス感染者の急激な増加に伴い、

当院においても院内での発生及び感染拡大防止のため、

当面の間、入院患者さんへの面会を原則として禁止させていただきます。

 

なお、病院からご来院を依頼した場合や医療上、看護上やむを得ない場合は、

手洗い、アルコールによる手指消毒・マスク着用の上、必ず病院職員に声をかけてください。

以上、内容をご確認いただきご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

※面会にお越しになる他の親族・知人等が居られましたら、今回の面会禁止の件、お伝えをお願い致します。

 


アイコン

行動制限最小化委員会より、ビデオ研修を行いました。その内容の一部をご紹介します。

今回の院内研修は、精神保健福祉法の内容について行う予定でしたが、

身体拘束の歴史が知りたい等の意見があり、急遽内容を変更し精神保健福祉法の歴史について行いました。

精神保健福祉法ができるまでを年表にし、その中で起きたことを発表しました。

精神保健福祉法ができる前、精神病患者への対処法というと加持祈禱や灌滝でした。

そのあと、精神病者監護法が制定されましたが、私宅監置が中心で警察が管理していました。

そこで、病者は病院で診るという形を目指したのが、我が国における近代的な精神病学創立者で医学者である呉秀三先生です。

私宅監置に異議を唱えた方で、

「我が国の精神病者は、精神の病を持つという不幸に加えて、この国に生まれた不幸をも併せ持っている」

という言葉を残しています。

精神病院法が1919年に公布され、都道府県に公立の精神病院の設置を試みましたが全国で5~6病院しかできず、精神病院の設置はほとんど進みませんでした。

第二次大戦の終戦から5年後の1950年、精神衛生法が制定されここで初めて私宅監置制度が廃止されます。

また、都道府県に公立の精神病院の設置も義務付けられました。

 

歴史を学ぶ上で、今までの新聞記事や今までに起きた虐待事件なども合わせて発表しました。

精神保健福祉法が1995年に制定された今でも、悲惨な事件があることは悲しいことです。

 

研修後のアンケートでは、“患者さんの人権・尊厳を守るためにも精神保健福祉法を適宜見直し、理解を深めたい”

“患者さんの人権と尊厳を守るための大切な法律”などの意見が集まりました。

出口病院では、精神保健福祉法の研修を毎年必ず行っています。

職員が精神保健福祉法の内容や歴史について理解を深め、共有することがまず大切な一歩だと感じます。

(行動制限最小化委員会:永友)


アイコン

先日、病棟でお花見をしている様子をご紹介しましたが、今回はデイケアゆうばでお花見をしていたので参加してきました🌸

新病棟建設にともない、ゆうばの裏庭にあった池は埋め立てられスペースができています。

そして頭上には桜の木🌸ばっちりなロケーションですね♪

少し風がありましたが、桜の花びらがひらひらと舞い風情がありました♬

とても天気の良い日で、患者さんたちはお花とお茶とお菓子を楽しんでいました😊

 

今年は感染対策を行い、病棟の患者さんたちもお花見へ行っていました。

その様子もこちらでご紹介できたらと思います😊

 

デイケアゆうばは、医療保険対応型の認知症専門のデイケアです。

介護保険の枠組みでは対応が難しい方へのケアも行っています。

利用に関するご相談などお気軽にお問合せ下さい。