手熊小学校との交流 | 医療法人昌生会|出口病院・デイケア・でぐちクリニック
メニュー

イベント


アイコン

手熊小学校との交流

出口病院では地域交流を行っています。

中でも地域の小・中学校との交流は1997年から行っており、地域との交流を大事に歩んできました。

毎年、交流会や職場体験といった形で生徒の皆さんが出口病院へ訪れたり、

学校で行われるバザーや運動会など、病院から患者さんと共に毎年参加しています。

しかし今年はコロナウイルスの影響で、全ての交流行事が中止となってしまい

患者さんたちもとても残念がっていました。

そんな時、手熊小学校の生徒さんたちが、収穫したじゃがいもを病院の皆さんにと届けてくださいました🥔

穫れたての新じゃがは、料理クラブで肉じゃがやコロッケ、カレー🍛に大変身!!

とてもおいしく頂きました🍛😊🥄

毎月届けている絵手紙に、じゃがいものお礼と調理風景の写真を載せ、

手熊小学校の皆さんへ感謝を伝えました✉

すると8月、今度は手熊小学校の皆さんから、学年の紹介やインタビュー、

合唱・合奏の様子を納めたビデオレターが届きました🎥♪!!

作業療法の活動中に上映すると、たくさんの患者さんが見に来られ、

元気な子供たちの様子に笑顔が絶えませんでした😊

今度はビデオレターの感想を、患者さんが絵手紙に書き込みお返事を♬

じゃがいもを頂いたことをきっかけに、ありがとうの輪が続いていくのはとても素敵なことですね✨

直接的な交流はできなくても、新しい形での交流ができ嬉しかったです。

これからも工夫しながら地域とつながっていきたいと思います。