褥瘡委員会のビデオ研修がありました | 医療法人昌生会|出口病院・デイケア・でぐちクリニック
メニュー

イベント


アイコン

褥瘡委員会のビデオ研修がありました

先日、褥瘡委員会によるビデオ研修がありました。

今回の研修のテーマは、拘縮予防の観点でのポジショニングです。

ポジショニングとは 、患者さんの安楽な状態を保持することです。

その保持のためにクッションなどを使用して身体がずれないようにします。

適切に行うことで褥瘡、拘縮や変形の予防につながります。

ポジショニングはその目的や視点によって方法がかわってくるので、どのような観点で行うのかを理解しなければなりません。

また、患者さんのその時の身体の状態に合わせたポジショニングが必要となってくるため、他職種間での情報交換が重要となります。

日頃からの職員同士のコミュニケーションの場の大切さに、改めて気付くことが事ができた研修となりました。

(作業療法士:小栁)